猫のそれってストレスかも!?

こんにちは、院長の中森です。

 

突然ですが、ストレスってなんでしょう?

現代社会に生きる私たちは常にストレスに晒されているとかなんとか言われていますが、
ストレスと聞くと、なんだか嫌なことや辛いイメージですよね。
しかし、実は嬉しいことや楽しいこともストレスの原因となるのをご存知でしょうか?

そもそもストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。

外部からの刺激には、天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、
不安や悩みなど心理的な要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。
つまり、日常の中で起こる様々な変化=刺激が、ストレスの原因になるのです。
進学や就職、結婚、出産といった喜ばしい出来事も変化=刺激ですから、実はストレスの原因になります。

最近ではいろいろなテレビやネットでの特集でご存知の方も多いかと思いますが、
実は猫も同様にストレスを受けます。
人と暮らす現代の猫の生活では、残念ながら猫本来の行動を自由にとることが難しくなっています。
その結果、日常のいろいろな場面でストレスを受けやすくなるのです。

猫はストレスを受けると、様々な行動でストレスに対応しようとします。爪とぎ、尿マーキング、
体を異常に舐めまわしたり、膀胱炎になったり猫同士の対立や隠れるなど・・・
中には、それがストレスのサインだと気付きにくい行動もあります。

現代の私たちの生活は知らないうちに猫ちゃんのストレスとなっているかもしれません😿

まずは猫ちゃんの快適な生活のために、
どんな環境がストレスとなりやすいのかをよく理解してあげましょう。

  1. 外出が多い(ケージなどに入れて知らない環境へ連れ出す)
  2. テリトリーに来客が多い
  3. 生活環境が変化する(引越しやトイレの変更など)
  4. 住環境が変化する(ホテルや入院など)
  5. 騒音
  6. 多頭飼育

家の中に閉じ込めるのはストレスだから自由に外に出していいよ!
と伝えたいわけではありません。

人と共に暮らす現代の生活環境下で、猫ちゃんが何らかのストレスを受けてしまうことは、
残念ながら避けられないと考えられます。
そのため、できるだけストレスの少ない環境作りをしてあげることは飼い主の努めではないでしょうか。
飼い主のみなさん、猫ちゃんの健康管理はもちろん、生活環境にも気を配って
楽しい生活を送っていただければと思います。

飼い主さんと猫のクオリティ・オブ・ライフの向上のために

 

猫のストレスに関してよりくわしく知りたい!という方は、以下のサイトをご覧ください^^

飼育環境をどう改善すべきかなど、細かく記載されていますのでオススメです⭐

http://www.cat-stress.com

 

――――飼い主さんと動物たちのえがおのために――――
京都府長岡京市
乙訓どうぶつ病院
~乙訓地域(長岡京市、向日市、大山崎町)、大原野、伏見、久御山、島本町~

乙訓どうぶつ病院LINE@開設しました!ぜひ登録をよろしくお願いします♪

※下のボタンを押していただくか、QRコードを読み取っていただいても登録可能です。

  友達追加ボタン
友だち追加

  QRコード

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+