はじめまして!

はじめまして。4月から乙訓どうぶつ病院で働かせていただいてます獣医師の大地です。
最近急に暖かくなり、院内一寒がりな私にとってはうれしい日が続いていますが、急激な気温の変化に皆様体調を崩しておられないでしょうか?
ブログ初担当かつ病院でもはじめましての方も多いので、この場をお借りして自己紹介させていただきます。

 

私は昨年度までは大阪府立大学獣医学類というところで病理を学んでいました。
内科や外科のなどと比べて病理というのは皆さんにとってなじみのない言葉かもしれませんね。
しかし、乙訓どうぶつ病院のブログを熟読してくださっている方は、もしかすると覚えておられるかもしれませんが、私の1年先輩の獣医師加藤先生も病理を学んでいた先生です。昨年の春頃の加藤先生のブログに、病理について詳しく説明されていますが、私からも少しだけ。

病理は主に動物の体にできたできものなどが一体何なのかを探る検査あるいは学問です。病理検査の結果をみて、獣医師はこの病気に対してはこの治療が有効だとか、逆に、治療しなくても大丈夫だなとか決めたりします。そのため病理というのは、みなさんにとってあまりなじみ深いものではありませんが、獣医療を陰で支える、縁の下の力もちみたいな存在なんですよ!

 

私は獣医師になってまだ1ヵ月たらず。経験も浅く、まだまだ分からないことだらけですが、飼い主さまとその“かぞく”の幸せを陰で支えられる獣医師になれるようにがんばろうと思います。どうぞこれからよろしくお願いします!

 

写真は当院ドッグランで、ホテルお預かりの子との一枚です^^

 

――――飼い主さんと動物たちのえがおのために――――
京都府長岡京市
乙訓どうぶつ病院
~乙訓地域(長岡京市、向日市、大山崎町)、大原野、伏見、久御山、島本町~
乙訓どうぶつ病院LINE@開設しました!ぜひ登録をよろしくお願いします♪
※下のボタンを押していただくか、QRコードを読み取っていただいても登録可能です。
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

更新情報

乙訓どうぶつ病院