病院・施設紹介

病院理念

飼い主さんと動物が笑顔になれるように、 信頼・安心のできるアットホームな動物病院を目指します。

1.居心地が良い空間作りを心がけます

飼い主さんの話に耳を傾け、共に動物について考えていくことは、獣医療を行うにあたり最も大切なことだと考えています。 当院では、ただ病気だけを見て治療するのではなく、飼い主さんの不安な気持ちを取り除き、それぞれの動物に適切な治療をしていけるよう、そしてそのために飼い主さんが話しやすい空間を作れるよう努力します。

2.ゆりかごからお別れまで、トータルケアを実施します

他の子犬とふれあうパピー教室や食餌指導、加齢とともに増加するガンや心臓病などの治療、また関節疾患や介護が必要な動物のマッサージなど、動物病院に求められることは様々です。 当院のスタッフは常に飼い主さんの気持ちに寄り添い、飼い主さんと動物が最初から最期までよりよい環境、関係性で暮らせるように全力でサポートします。

3.インフォームド・コンセントを徹底します

インフォームド・コンセントとは、飼い主さんが医療行為(投薬・検査・手術など)の内容について説明を受け理解した上で、獣医師と治療方針において合意することです。 病気の治療を指示するのは獣医師ですが、動物と多くの時間を過ごすのは家族の方々ですので、飼い主さんに病気についてしっかりと理解して頂くことはとても重要です。 当院では、じっくりと時間をとり、分かりやすい言葉で説明することを心がけます。

院長の挨拶

中森正也
院長:中森 正也

・京都府獣医師会所属
・日本獣医循環器学会所属
・日本獣医がん学会所属
・iVEAT(獣医教育・先端技術研究所)腹部超音波実習修了

人と動物、どちらも笑顔にしたい。地域に密着した動物たちの『かかりつけ医』を理想とし、飼い主さんと動物たちが笑顔で幸せな生活ができますように、ほんの少しでもお力になれれば・・・。飼い主さんとその家族である動物たちにとって、何が一番幸せなのか、お話をしながら一緒に考えていければと思います。呼吸器や循環器などの内科治療だけでなく、整形外科や腫瘍外科など幅広い分野に興味があり、研鑽しております。不安なこと、困ったことだけでなく、楽しいことや嬉しかった出来事など、些細なことでも気軽にお声がけください。動物たちと一緒に暮らす飼い主さんの頼れる・生涯のパートナーであるために、常に努力し続けたいと思います。

医院外観

医院内観

医療・検査機器

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

更新情報

乙訓どうぶつ病院