料金表

各種料金のご案内

はじめに

当院では個々の処置、治療法について、使用する機材や薬剤、人員に応じて病院が運営できるよう明確に料金の設定をしております。病気によっては高額な検査や治療が必要になることもございますが、何の為に検査をするのか、どのような治療の選択肢があるのかなど、出来る限り丁寧にご説明いたします。その上で、動物の状態にあった最善の選択を、飼い主さんと一緒にしていきたいと考えております。
料金について不安や不明な点がございましたら、来院時にスタッフまでお申し出ください。

下記に大体の目安となる料金を掲載いたしますので、治療費が気になる方は参考にしていただければと思います。

料金表

※表示価格は税別になります

診察料 料金
初診料 ¥1,200
再診料 ¥600
時間外診察料 時間帯に応じる
夜間診察料 時間帯に応じる
検査料
血液一般検査(採血料含む) ¥1,000
血液検査(生化学検査、1項目) ¥500
ミクロフィラリア検査 ¥1,000
フィラリア抗原検査 ¥2,500
猫FIV/FeLV(エイズ/白血病)検査 ¥4,000
レントゲン検査 ¥5,000
超音波検査 ¥5,000
尿検査 ¥1,000
便検査 ¥500
眼科検査 ¥1,000
細胞診検査 ¥2,000
細菌感受性検査 ¥1,500
手術料(※麻酔・点滴含む)
去勢手術(オス)
犬(~5kg) ¥15,000
犬(5~10kg) ¥18,000
犬(10~20kg) ¥20,000
犬(20~40kg) ¥30,000
犬(40kg~) ¥40,000
¥12,000
ウサギ ¥25,000
避妊手術(メス)
犬(~5kg) ¥22,000
犬(5~10kg) ¥25,000
犬(10~20kg) ¥30,000
犬(20~40kg) ¥40,000
犬(40kg~) ¥50,000
¥22,000
ウサギ ¥35,000
※その他外科手術は内容や動物の状態によりますので、ご相談ください。
入院料(1泊)
~5kg ¥3,000
5~10kg ¥3,500
10~20kg ¥4,000
20~40kg ¥5,000
40kg~ ¥6,000

予防について

フィラリア予防

フィラリア症とは、蚊に刺されることで感染する病気です。
フィラリアの仔虫は、血管を通って最終的に心臓へ達し、それを取り除かなければ死に至る場合があります。
フィラリア症は月に1回の投薬で100%防げる病気です。

ノミ・ダニ予防

ノミやダニは、気温が13℃以上になると活発になり、動物に寄生すると痒みなどの不快感を与えるばかりでなく、深刻な健康障害の原因になる危険性があります。
また、人に対しても最近では重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などが引き起こされることが分かっています。

混合ワクチン接種

ウイルスによる伝染病の治療は困難であり、また、レプトスピラ感染症は人にもうつる恐ろしい病気です。これらの伝染病から動物を守るためには、ワクチン接種をし、免疫力をつけることが最も有効です。
接種後にアレルギー反応が見られることがありますので、午前中の来院をお勧めします。

狂犬病予防接種

狂犬病とは、人も含めほ乳類がかかる伝染病で、発症するとほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。
日本では、狂犬病の流行を防ぐため、飼い犬の登録及び毎年の予防接種が義務付けられています。

去勢・避妊手術

不妊手術は、望まない繁殖を防ぐだけでなく、問題行動の抑制や、将来起こりうる病気の発症リスクを下げることができます。
手術についてお悩みの方はご相談下さい。

クレジットカードのお取り扱いについて

下記のクレジットカードに対応しております。
対応クレジットカード一覧

各種保険のお取り扱いについて

その他の保険に関してはお問い合わせください。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+