お口の中、大丈夫?|動物病院をお探しなら、長岡京市にある乙訓どうぶつ病院へお任せください。

更新情報

お口の中、大丈夫?

スタッフブログ

 こんにちは、動物看護師の山本です。
今回は、私の犬も悩まされているデンタルについてのお話しをします。
私の家でも、ワンちゃんを飼っているのですが、歯磨きをするのにもかなり嫌がるので格闘です…

当病院では、去勢、避妊手術の次に多いのが、歯石除去、抜歯などのデンタル処置です。

じっとしてくれないワンちゃんやネコちゃんは全身麻酔をしないと歯科処置ができません。

麻酔は年を重ねるごとにリスクも上がってしまうものです。

だからと言って放っておくと大変なことに成りかねません!

↓歯科処置前

cimg6684

↓歯科処置後

cimg6686
 なので、少しでも歯石、歯垢がつかないように日々のホームデンタルケアが大事なのです。

ワンちゃんネコちゃんの口が臭いと思ったことはありませんか?
もしかしたら、その原因は歯石、歯肉炎かもしれません。

歯の表面に付着したネバネバしたものが歯垢と呼ばれるもので、
歯垢中には便の約10倍の細菌がいると言われています!

その細菌から発生するガスが口臭の原因です。

ワンちゃんでは約3~5日、ネコちゃんでは約10~2週間
で歯垢が歯石に変わります。

また、歯垢が石灰化した歯石は生きた細菌を含みませんが、表面が凸凹のため、より歯垢が付着しやすい環境になり、歯周病を誘発します。歯石は簡単に取り除くことができないため、歯石になる前の歯垢を取り除くことがデンタルケアの鍵になります!しかし、硬いおやつをあげればいいと言うものではありません!

ペットショップなどで売られている硬すぎる玩具や牛の骨、ひづめ、アキレス腱、硬いおやつは歯が折れたりや削れたりの原因になります。

ハサミで切れないものは、控えるようにしましょう!

重度の歯周病の処置で、残念ながら手遅れのものは、抜歯しか方法がありません。

cimg5880

↓抜歯後

cimg5882

残してもワンちゃんに苦痛が残るだけです。

歯から全身への影響が明らかになってきているので、ひどくなる前からの積極的な歯科処置をおすすめします。

ブラシでの歯磨きができれば、それが一番です。ですが、いきなり歯磨きに挑戦して心を折られてしまい結局何もやらないで過ごすという状態になっていることがとても多いと思います。最初は、できることから始めればよいと思います。

何もしないよりか全然マシです!

下に犬の歯みがきの仕方の写真を載せておきます。ご参考ください!

s_cimg8926

 

乙訓どうぶつ病院でも、待ち合いにデンタル商品をいくつか置いています。味のついた歯みがき粉やデンタルガム、ジェルタイプ、飲み水に入れるだけのタイプなどありますので、気になるものがあればスタッフまでお声かけ下さい!

s_cimg8925
――――飼い主さんと動物たちのえがおのために――――

京都府長岡京市

乙訓どうぶつ病院

~乙訓地域(長岡京市、向日市、大山崎町)、大原野、伏見、久御山、島本町~